本文へ移動
株式会社第三木材
〒389-0514
長野県東御市加沢201-5
TEL.0268-62-1202
FAX.0268-62-1204
営業時間 8:00-17:00 
※第2・4土曜日休み

 

ブログ

DAI3 BLOG

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地元の木を知ろう

2020-12-02
カテゴリ:徒然
唐松
長野県といえば
まず、唐松を思い浮かべます。
 
日本全国でも、
唐松生産量3位を誇る長野県では
いたる施設で唐松が使用されています。
 
唐松は明治7年に長野県で初めて育苗を開始し
明治中期には唐松造林全盛が始まりました。
 
戦後にも多く植林され、
冷涼な気候である北海道や東北、
長野県で多く植えられました。
 
唐松の大きな特徴としては
「ヤニ」が挙げられます。
この「ヤニ」は触るとべたついてなかなか
離れない強力な樹脂で、乾燥するとカッチカチ
の固形物になります。
そのため建築材料として避けられたことも
あります。ですがこのヤニがあることで、
木材の表面が油分でコーティングされ
時間がたつにつれ綺麗な飴色に変化するのです。
 
また樹脂は本来、木が生育するために
環境に適応し身を守るためのもの。
ヤニが防腐や防虫の効果を発揮するので、
現在は厳しい環境下で使う耐久性の高い土木用
材として活躍しています。
 
旋回木である唐松はねじれが発生しやすい
デメリットはありますが、
脱脂乾燥を行うことで限りなく
ねじれを抑制することができます。
また、最近では無垢材ではなく
集成材にすることで多くの構造材に
使用されています。
 
一昔前は唐松は使い辛い木材として
敬遠されていました。ですが現在では
乾燥技術や加工技術の進歩により、
様々なシーンで使用されるようになって
きています。
 
建築業界では外国産の樹木が多く使われます。
安価で手に入りやすいことが一つの理由として
ありますが、国産の木が使用適応時期を迎えて
いる今、国産材に目を向けていこう!
という流れが少しずつ起こっています。
 
その地域で育った木は環境に適応しています。
環境に適した樹木は狂いも少なく、
加工をしても自然になじんでいきます。
また植林サイクルを安定させることで、
将来的に安定した国産材を提供出来るようになります。
 
魅力的な外国産の木は多いですが、
ぜひ、自分の町にある樹木に興味を持って
いただけたら嬉しいです。
 
同じ環境で育った木に目を向けることで
町への愛情や思い入れが深まるような
気がします。
 
 
written by 畑
 
 
 
 
 
 
第三木材
お電話は0268-62-1202
お問い合わせフォームはこちらです。

【スタッフブログ】時代に合った床材とは?

2020-11-09
カテゴリ:徒然,加工・製品
床材
営業の上野です。
 
この業界にいると
無垢の床材から合板の床材など、
色々な床材を目にしますが、
最近気になった商品があります。
 
それが『エアーウォッシュフローリング』。
 
可視光型光触媒によって、
消臭・ウイルス・細菌・VOC低減効果を
プラスした天然木突板フローリングです。
 
光の力で安心・安全に過ごせるなんて
すごいですよね。
 
今の時代にぴったりですね。
 
 
第三木材
お電話は0268-62-1202
お問い合わせフォームはこちらです。

配送部の林です。

2020-11-02
カテゴリ:徒然
先輩として。
ついこの間まで
暑い日が続いていたのに、
秋になり、
季節の移り変わりが
早いと感じます。
 
今年は『新型コロナウイルス』
による『自粛』に
『Stay Home』
本当に色々なことがあり、
特別な年だと思いました。
 
来年はオリンピックが
開催される予定ですが、
感染対策を十分に行った上で、
ぜひ開催してもらい、
コロナのことを考えずに
楽しみたいです。
 
先日、
『チームリーダー研修』に
参加させていただきました。
 
『チームリーダー』とは何か?
『部下たちの意見をどうまとめるか?』
など、
参加者内で意見を出し合い発表しました。
 
とても勉強になった一日でした。
 
私にも後輩がいます。
後輩たちの意見をしっかり聞いて、
上司にしっかり伝えられる様に、
研修で学んだことを少しずつ
行っていきたいです。
 
 
配送部 林
 
第三木材
お電話は0268-62-1202
お問い合わせフォームはこちらです。

にゃんとも可愛らしい・・・

2020-10-26
カテゴリ:徒然
第三木材のねこちゃんのお話
第三木材には
もも、くろ、モカの3匹の
ねこちゃんがいます。
 
今朝の朝礼のでの出来事。。。
司会当番の社長の隣へ、
2匹が並んで座り、
私達の朝礼を眺めていました。
 
その姿のなんと
可愛らしいこと(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
第三木材へお越しの際は、
くろちゃん、モカちゃん、ももちゃん
を見て行ってくださいね。
 
総務部 中堀
 
 
第三木材
お電話は0268-62-1202
お問い合わせフォームはこちらです。

機械のメンテナンスは欠かせません!

2020-10-19
カテゴリ:徒然,弊社の仕事
製造部久保井のスタッフブログ
私たちの工場では日々様々な
木材加工の依頼をいただきます。
 
難燃処理、防腐加工、
プレーナー、サンダー、
脱脂乾燥、塗装、幅ハギ、
丸太の製材などなど。。。
 
それに合わせ機械も様々。
日々の調整やメンテナンスも欠かせません。
 
時には自分達で修理もします。
 
そんな時頼りになるのが工具!
中にはこんなイカツイやつもいます。
 
 
ちなみにモデルになってくれた鹿田君は
身長180センチ。
作業着の汚れは勲章です。
 
車載工具にあったバーコのモンキーと
比べてみたら、
新巻鮭とメザシくらいの差がw
 
 
でもモンキーといえばバーコ。
 
モンキーのレンチの話は長くなるので
次回がありましたら4回に渡り
お話ししたいと思います!
 
製造部 製材マスター久保井
 
第三木材
お電話は0268-62-1202
お問い合わせフォームはこちらです。
TOPへ戻る