本文へ移動

スタッフブログ

DAI3 BLOG

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【製材ゲーム感想】上田市立第一中学校の生徒さんからお礼の手紙が届きました

2024-02-18
昨秋、上田市立第一中学校にて開催された「地域の方に学ぶ、地域とつながる学習」の講座に
弊社も講師として参加し、生徒の皆さんにはセーザイゲームを通じて、楽しみながら製材業への学習を深めてもらいました。

地域の方に学ぶ、地域とつながる学習」の講座については、
本サイトのブログページでご紹介しています!
\ぜひチェックしてみてください/

講座の開催から少し過ぎた頃、生徒の皆さんからお礼のお手紙をいただきました。
およそ10名の生徒から届いた手紙には、製材ゲームの実践を通じて感じた、生徒それぞれの想いが綴られていました。
【〜セーザイゲームを通じて〜生徒の声】
せっかくなので、お手紙のなかから一部抜粋してご紹介させていただきます!

・木の節が何かもわからなかったが、ゲームが進むにつれて丸太に節があるかどうかがわかるようになった
・ゲームを通じて、仲間と協力することの大切さを実感した
・製材業は人の暮らしを豊かにするだけではなく、木を育て、森を育てることで川も海も綺麗になると知った
森を守り大事にするということは、生きる上で大切なことと学べた
・製材業に興味を抱いたと同時に、ゲームの中で競争することの楽しさを知った
・自分もできる範囲で、森などの自然を大切にし、これからの未来と自然を守っていきたいと思った


セーザイゲームを通じて、これまで聞き馴染みのなかった「製材」と言う単語を、
より鮮明に、意味のあるものとして、
子どもたちに届けられたことは、弊社としても大変嬉しく思います。

製材業や森林保全についての関心を深める、良い学習の場となりました。
改めて、上田市立第一中学校の皆さんには感謝申し上げます。

手書きのお手紙もありがとうございました!^o^

【力作揃い】上小地区児童・生徒木工工作コンクールの表彰式へ参加してきました!

2024-02-02
カテゴリ:材木業界
注目オススメ
先日、『令和5年度 上小地区児童・生徒木工工作コンクール』の表彰式へ、弊社も参加してきました。
今年で46回目を迎える当コンクールには、地区内の小学校21校にご参加いただき、522点もの個性あふれる木工作品が集まりました。


想像力豊かな数々の作品の数々。まるで小さな森のように会場を飾っていました。
表彰された作品は全て、厳正な審査を経て選ばれたもので、
上田地域振興局長賞を受賞した児童のなかには『長野県 児童•生徒木工工作コンクール』で最優秀賞の長野県知事賞を同時受賞された子もいました。
繊細な作品、力強い作品、芸術センスのある作品、木の温もりを活かした作品、
とそれぞれの個性がキラリと光り、どれも甲乙つけ難い作品たちばかりでした。



表彰式では、賞を受賞した子供たちの、
緊張しながらも嬉しそうにする様子が見て伝わってきました。

皆さん、おめでとうございます^o^


式典の最後には、全員で記念撮影をしました。


今年は悲しいニュースが続く年の幕開けだったように思いますが、
新年を明るく照らす、素敵な一日となりました。

上小地区にお住まいの児童・生徒の皆さんには、また来年もぜひ当コンクールにチャレンジしていただき、創作活動を通じて木に触れ、その良さを知ってもらえたら嬉しいです!


「掘り出し物市」休止のお知らせ

2024-01-28
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、HP上で出品を行なっていた「掘り出し物市」を
一時休止させていただくことになりました。
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

休止期間中のお問い合わせに関しましては、
[お問い合わせページ]にて承ります。
再開に向けての準備が整い次第、弊社HPにて改めてお知らせいたします。

皆様には引き続きのご支援とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

【2024年】新年総会を開催しました!

2024-01-28
本年も毎年の恒例行事である、
グループ会社の木楽ホーム株式会社と『合同新年総会』を1月6日に開催しました。

新年総会では、元旦に発生した震災への黙祷に始まり、社長訓示のあと、それぞれの部署の部門長から年間報告と本年の抱負の発表がありました。
社長訓示では、経営方針と理念、そして2024年の目指すべき姿として、日本を取り巻く社会課題や、昨今話題のAI技術を取り入れた先、人が担うべき業務をは何か等、これからの時代を見据えたお話が伝えられました。

また、昨年の住宅・製材業界で話題になったキーワードの紹介もされ、俯瞰して物事を捉える機械ともなりました。
その後、営業部、工事部、製造部、総務部・配送部のそれぞれの部門長から、
昨年の年間報告と今年の抱負が発表され、業界の現況と今後の展望についても深い洞察が共有されました。
木楽ホームの社員の皆さんからも同様に発表があり、
昨年の功労賞の表彰などもされていました。
総会の最後の締めでは、年男の塚本さんが挨拶をしてくれました!
和気あいあいとした雰囲気のなかで、新年の目標を各々が再確認したあとは、食事会とゲームが開催!美味しそうな食事とドリンクが並び、たくさん食べて飲んで、笑顔があふれる、楽しい会となりました。

本年は「あるを尽くす」をモットーに、
社業に真剣に取り組む所存です。

2024年は辰年ということで、龍の如く舞い上がることのできる一年となるよう邁進してまいります。


改めて、本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

令和6年能登半島地震 支援物資をお届けしました

2024-01-18
この度弊社では、令和6年能登半島地震における被災地へ飲料水をお送りしました。

現地近くの同業者から得た情報と、現地の要望に基づき、迅速かつ適切なルートを通じた物資の発送とさせていただいております。
微力ではございますが、被災された皆様の生活に少しでも役立ち、1日も早い復興に貢献できることを心より願っております。
今後においても被災地の現状を鑑みながら、要望に応じた支援を続け、復興のために力を尽くして参ります。

被災された皆様への深いお見舞いと共に、
早期復興と平穏な日々の回復をお祈り申し上げます。


株式会社第三木材 一同
TOPへ戻る